2008年09月21日

セイコー懐中時計 ウォルド(ワールド)?

アパートで懐中時計の本を読んでいたのだが、途中急に実物に触りたくなりました。
以前、練習しようとワンダラーウォッチをいろいろいじっていて、うまくいった部分もあったのだが、総合的に見て失敗と言うべき結果だったので、もう少し勉強してからと思っていたのだが。
ちょっとだけ、整理がてら、見てみることにした。


ワンダラーウォッチ顛末
http://watch-a-watch.seesaa.net/article/99877408.html
http://watch-a-watch.seesaa.net/article/100334664.html
http://watch-a-watch.seesaa.net/article/100648695.html
http://watch-a-watch.seesaa.net/article/101279372.html
このあと、ケースを入れ替えようとして更にぐちゃぐちゃにしてしまったのだ。


セイコー ワールド フロントセイコー ワールド 内部セイコー ワールド 分解
ワンダラーウォッチの次は、商館時計のつもりだったのだが、以外に練習に使えるものがありません。

そこで、ジャンクものでなぜか5つもある同じ形の時計に目をつけました。
調べてみると、第1次世界大戦勃発の年に製品化された「ウォルド(ワールド)」ではないかと思われます。
第1次世界大戦勃発の年(大正3(1914年))に製品化されたというものですからそうとう古いものです。
これが、ジャンクは5つもあるのになぜか完品はありません。
これらをばらして組み立てて、完品一個を組み立てようというのが、次の目論見です。

しかし、まだまだ勉強中の身。
せめて、一通りの知識を入れてからにしたいので、今回は状況だけ確認することにしました。
ざっと見てみたところ、針が全然足りていません。あわせて1個半分くらいしかありません。


この中でテンプがある程度触れるのが3個。うち一個は、針だけつければ今にも動き出しそうです。
文字盤は、足が取れているのがひとつですが、大体使えるようです。うち二つの文字盤には修理履歴と思われる書き込みがありました。ひとつは油ででべたべたになっていました。
これだけでも、持ち主のそれぞれの時計への思い入れの違いと言うものがわかり面白いです。
大衆向けの安い時計で、100年弱前のものですが、もうぼろぼろで目も当てられないと言うものは、以外にありません。
部品が欠けているというものも、とりあえず見当たりません。
これなら、針さえどこかで調達できれば1つと言わず2つ・3つ分くらい組み立てられそうな感じがします。

とりあえず、今回はここまで。

続きは、もう少し勉強進めてからにしましょう。
posted by 久安 仁平 at 23:27 | 滋賀 ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | 時計
この記事へのコメント
文字盤にワールドと記入有る懐中時計を持っています。おじいちゃんから貰いました。動きます。
ワールドと文字盤に記入有るのは少ないそうです。
Posted by オオノ at 2012年04月05日 10:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106934088

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。